対マキシ:1Kの対策

マキシの1Kは出の早い下段攻撃で見てからガードするのはむずかしい。
派生はすべて連続ヒットしないが、AとBはそれぞれ巨門(LO)と天枢(RO)に移行する。

1KA
ガード後は遅らせ6BBでLO Aと(4入れ七星)LI B以外に対応する。最速6BBは破軍でとられる。
時計側22_88BAKだとLO A以外に対応する。破軍は早すぎて不発する。少し難しくなるが6BBよりこちらのほうがいい。
破軍に対しては236Aで対応するが、LO Bにはつぶされる。最速だとLO Kと相打ちするので気持ち遅らせ気味に。七星は早すぎて不発する。

1KB
ガード後は236Aで七星以外に対応する。最速6BBはRO AKが避けられ蹴りを食らい破軍にとられるが遅らせを使えばいける。ただ遅らせはむずかしく遅らせすぎるとRO Bにつぶされる。遅らせた場合、派生を出さなかった場合の確反にはならない。1KAとはタイミングが違うので2段目に6A+Bで割り込んでもいいが、1KKをガードしにくくなるのでむずかしい。

1KK
確反12だが何も届かない(ラファがうらやましい)。1KがヒットしているとGI割り込みもできない。

1K止めや1KKに対してあまりいい回答がない。対応していくと1K止めや1KKが多くなるだろうか。相手の選択肢を狭めてこちら側有利で攻めていきたい。

まとめ

  • 1KAをガードしたら時計側22_88BAK。破軍やLO Aに対しては遅らせ236A。
  • 1KBをガードしたら236A。七星に対しては遅らせ6BB
  • 1KKガードしたら択をかける
0

対シャンファ:攻略

近距離型。10フレの攻撃を持っているので普段確反がない技にもリスクが生じる。
攻撃レベルの低い技が多いのでGIレベル3を取りやすい。逆にREは回避されやすい
確反がある技が少ないので二択をかけていく状況がおおい

注意点

  • 時計受け身でダウンへの6BBを回避できる
  • -10に確反を入れられる
  • REのおすすめ方向は反時計
  • GIレベル3後の1[K]を反時計でかわされる
  • 6A+Bに確反はない。4A+Bとともに2段目にエルフォーチュン
1+

対マキシ:Bと4B

マキシのBと4Bはよく似た中段縦斬りでどちらも技後は構えに移行する。
だが派生する構えが違い、Bからは天枢(RO)に4Bからは巨門(LO)に派生する。

 
Bと4B。試合中に見分けられるかな?

Bから
まずBに対してはガードしてからの6BBが有効だ。RO AとRO Kはともに上段なのでしゃがみステータスでかわし、中段縦斬りのRO Bは6BBがさばいてくれる。
縦斬りに対しての構え中の上中縦GI技の破軍(WL)は発生が早すぎて6BBをさばくことができない。
その際のRO Kはこちらを飛び越すのだが、6BBを出し切っていればbtB+Kはこちらには届かない。振り向いてからの3Bが間に合う。
B単発止めからの横移動は間に合わず、マキシが取れる行動は単発止めからのガード、GI、RE、バックステップになる。
こちらの6BB自体には確反はないが、ガードを選択されると二段目を時計ステップで回避されるし、バックステップを選択されると届かないので手痛い反撃をもらうことになるだろう。
BBを打つとガードとGIはされるが、RE、バックステップに対応できる。対応できないのはRO A、RO B、破軍である。

4Bから
4Bに対しても6BBが有効だが、LO Aは軸移動を伴うので6Bが避けられてしまう。LO BとLO Kに対しては両方ヒットさせることができる。
破軍はやはり早すぎてさばけない。単発止めに関しては6Bが確定ヒットしてしまうのでGIなどでも対処はできない。
唯一の問題点であるLO Aも対応にいれると236Aが使えるが、こちらはLO Bに対応できない(なお七星GIは発生が早すぎてさばけない)。

ギリギリは注意
ここまでは近距離の話だったがBや4Bが届くギリギリの位置だとまた話が違ってくる。
こちらの6Bはあまりリーチがないので4入れ七星(PSL)>文曲(RC)Kでリーサルをとられてしまうし、届かないので4Bの確反としても入らない。
届かないのがわかっているのであれば単発止めからスカ確を狙われることになる。
なのでできるだけ近づくようにしたい。4Bや66Aなどの近づく技が有効になってくる(くわしくはここ)。

まとめ

  • Bをガードしたら6BBを多めにして、読みで様子見も入れる。A+Bでブレイクや有利を取ってもいいし、バックステップに66A+Bを入れてもいい(一点読みで100点ゲット!)。
  • 4Bをガードしたら6BBを多めにして、LO Aの危険性を感じたら236Aにしてみる、または様子見。
  • Bと4B区別できなくても6BB多めと様子見との二択!
  • 両方ともギリギリの間合いでは注意する。

マキシは構えからの様々な技で攻め立ててくるが、シンプルにすることで読み合いしやすくするのがベストであろう。

1+

対ナイトメア:確定反撃


(ver.2.02)
GS=グリムスライド
DH=デキスターホールド
CH=チーフホールド

12フレ

  • aB =なし:何も届かない。チャージ時は派生あり
  • 4BB =KK:派生があるので確反は入れづらい
  • 4KB =KK:間合いギリギリだと届かない。4KKをしゃがんでリターンを取るかは読み合い。
  • 7_8_9A =KK:間合いギリギリだと届かない。使ってくる場面があるかは不明
  • (SC)wsKB =2A:デキ移行するとKKが相打ちになる。二段目はしゃがめる。
  • 11_44_77A =なし:何も届かない。発生前にグリム移行あり。ガードのタイミングで2Aでグリムに対応できるが、単発止め2Aがスカされると手痛い反撃を食らう。まだ3Aのほうがいいか。
  • reA =KK

14フレ

  • 2A =236B4
  • fc3B =236B4
  • 4BBB =236B4:初段確反なし、二段目確反KK。どこで止まるかわからないので反撃は入れにくい
  • 2K =236B4
  • 4K =236B4:派生があるので確反は入れづらい
  • 6A+B =236B4:先端ヒットになりやすい
  • bt2K =236B4
  • btA+B =236B:背後先端ヒット
  • GS K =236B4:チャージ中は派生あり。派生は連ガではないがしゃがめない。
  • DH B =236B4
  • DH K =236B4

16フレ

  • aB =236B4:先端ヒットになる
  • 6A =236K:6AAとDH bAには負ける。確反にならないが3Aや66A、236Aなどで派生には対応できるが(SC)CH A+Bには取られてしまう。236Kは少しでも遅れるとDH派生に負けてしまうので注意。入力しやすさで3Aは優秀か。
  • BB =236B:1段目からチーフに移行できるので判断がむずかしい。詳しくはこの記事
  • 1B =236B:先端ヒットになる。間合いギリギリだと届かない。236Kはダメージが下がるが有利に攻められる
  • 6BB =236B:先端ヒットになる
  • wsK =236B4:チャージ中は派生あり
  • 1K =236B4:ホールドされた場合は8Bなどで暴れよう
  • 2A+B =236B4:立ち回りで使うとは思えないがガードしたら確反を入れよう
  • 22_88AA =236B:先端ヒットになる。1段目からグリム移行できるので判断がむずかしい。236Kはダメージが下がるが有利に攻められる
  • 33_66_99K =2A:グリム派生した場合は236BがGS Aに弾かれる。66Aは単発止めの確反にならない。チャージ中は派生あるが割り込める。CEも可
  • GS A =236B4:チャージ中は派生あり。連ガではないがしゃがめない。
  • DH bA =236B4:間合いによって先端ヒットになる。チャージ中は派生あり。
  • fc1_3A+G =236B4:ガードできれば
  • B+G =236B4:ガードするくらいなら避けよう
  • reK =236B4

18フレ

  • B =236B:派生があるので確定は入れづらい。詳しはこの記事で。離れると持続が当たり、18フレの技が入らない。BBを捨てるならBガードして236Bですべてに勝てる
  • 22_88B =66A:間合いが離れると届かない。236Bや6B+Kなども使える。66Aが一番リーチが長い。ベース構えからのデキスター構えで近距離66A以外はスカるので注意
  • DH aB =6B+K:間合いによって届かない。66Aの方がリーチはあるが派生のデキKをだされるとつぶされる。
  • A+B+K =4AB 密着時エンストは軸ずれで引き抜けない。

20フレ

  • 3AA =3B:くわしくはこの記事
  • wsA =236AA:単発止めやデキとグリム移行に対応した選択肢。出し切りに対応する場合は2段目をガードしたタイミングで2Aを出すと出し切りはガードし、派生はつぶせる。2段目に対して8Kも有効だがグリムAには弾かれる
  • 3B =236AA:デキKも避けながら打てる。間合いが遠い場合66Aで
  • 11_77B =236B4:ガードできれば。2366Bが出せれば広い間合いに対応できるが難しい。
  • GS aB =3B
  • CH A = 236B4:崖でよく狙ってくる

22フレ~

  • 1A =4AB:ギリギリだと届かない。グリム移行してもつぶせる。ホールド版は見たら2A(リーチがない)6A(タイミング次第で食らってしまう)4AB(1Aを食らいやすい)8K(1AKに負ける)などで暴れよう。
  • 3A =4AB:距離がある場合は236A+Bくわしくはこの記事
  • wsAA =66B:くわしくはwsAの項目で
  • wsB =236AA:反応が間に合わなければ3Aでも可。3BはDH bAにつぶされ、GS Aに取られてしまうがリターンはある
  • fc3B =3B:ガード硬直短め。
  • 33_66_99B =2A:236AAはGS RE、GS CEでつぶされる。2AはGS CEにとられるがガードはできる
  • RUN K =236B4
  • (SC)DH bAB =3B:間合いが遠ければ66A
1+

対シャンファ:3Aの対策

シャンファ3Aは発生22フレと速く、続く上段蹴り派生と構え(フウガショウ)派生がある
もちろん初弾をガードすれば反撃を与えられるが、ここではヒットした場合で考えてみる
3Aを当てた場合の選択肢

  1. 派生のKを出す
  2. 構え派生Kを出す
  3. 構え>構え(カイユウシツ)を出す
  4. 単発止めしゃがみガード

1はガードしてもほとんど不利はなく、しゃがむかGIぐらいしかできない。しゃがめると236Kでリーサルが取れる
2は発生12フレームの攻撃で止められるが、3の構えでAや2Aなどの横攻撃を取られてしまってダメージをくらう
4は割り込み上段をスカしたり様子見。3A単体は当て不利(-2)だが、派生があるため即反応はむずかしい

1に236Kを入れることをメインとするならば、下に入れっぱなして相手の構えをみてガードする。投げ派生はくらうので抜ける
それ以外に対応する場合は横ステしゃがみガードをすると派生すべてかわすことができる。3AKの出し切りはガードしづらい
打撃を入れたい場合は1はガードして相手の構え移行が見えた場合はにKを入力できればいいのだが難しいので、3Aをくらった瞬間にKを入力すれば1と4以外に対応できるだろう
どれを選択するかは読みになり、全対応は無理なのでこれにすると決めて入力しよう

特訓メニュー(以下をランダム再生)

  • 3AK
  • 3A2>K
  • 3A2>A+G

236K狙いかステしゃガ狙いか攻撃狙いかでとる行動を変えて練習したい

1+

対シャンファ:BBBの対策

BBBは4段技であるが、4段目をホウゲショウの構えでキャンセルできる。
2段目と3段目にわずかな隙間があり、BB止めだと思って手を出すと攻撃をくらってしまうことがよくある
その隙間にGIやREで割り込むことはできるが、博打の域を出ない
ただ3段目と4段目は連続ガードになっていて3段目ガード後に攻撃を入れ込んでおけば出し切りはガード、構え移行した場合はヒットになる
入れ込む攻撃だが、横攻撃はホウゲショウ>カイユウシツでインパクトされ、縦攻撃はホウゲショウA+Bでかわされてしまい攻撃をくらう
ソフィーで全対応なら4A+Bだろう。ホウゲショウA+Bを出されても2段目が引っかかってくれる

しかし3段目を意識しすぎるとBB止めからさらに攻められてしまう。相手の行動を読んでいこう

0

対シャンファ:1Aの対策

シャンファ1AはGでキャンセルすることで背向けに移行できる。そこから出せるbtB+Kはヒットでコンボにつながり、bt2B+Kは下段ヒットで10フレ有利(Bがステップでかわせない)。なおかつ双方とも確反がないとなかなか強力だ
それほどメインで振ってくる技ではないがとっさにやられた場合に対処できるように練習しておこう。
これは単純で1Aはガードして反撃。btB+Kとbt2B+Kはステップでかわしてスカ確だ。発生のタイミングが違うのでかわしやすいはず。
シャンファ側は1Aキャンセル投げなどで対応可能だが、そこからは読み合いだろう。

特訓メニュー(以下をランダム再生)

  • 1A
  • 1aG>B+K
  • 1aG>2B+K
1+

対アズウェル:6Bの対策

アズウェルの6Bは斧生成時に発生14フレと早く、ガードしても反撃(-6)はない。さらに連携技もあるというなかなかに強力な技である。
常に斧B+Kの下段技「大賢人バスター」(発生22F)を気にしながら戦うことになるので苦戦は必至だ。

6BからはAとBにつながり、Aは上段横(ガード:-4-8)Bは中段縦(ガード:+4±0)である。
つなぎ的にはおよそ10フレームの違いでAの方が早く。がんばればAはしゃがんで236K、Bはエルフォーチュン(6A+B)でとることができる。
だがメインの運用は6B単発止めと大賢人バスターであろうからそこまで集中することはできないのではないかと思う。

フレームを見てもわかるが6BBはガード不利でなおかつ斧モード継続である。
最悪Aはガードでしのぎ、Bをエルフォーチュンすることに集中してもいいのかもしれない。

巷には6Bを連発して気分で6BAや大賢人バスターを出し、ガードブレイクを狙うというプレイがあるようなので6Bガードしたら4A+Bなど18フレ以下の技をぶっ放すのも重要だと思われる

特訓メニュー(以下をランダム再生)

  1. 6BA(しゃがんで236K)
  2. 6BB(6A+BでGI)
  3. 6B>B+K(望むべくは大賢人バスターを発生前につぶす、無理ならガード後反撃)
2+

対ナイトメア:3Aの対策

ナイトメアの3Aはリーチが長く、3AAはギリギリの間合いで出されると反撃が届きにくい。
そんな間合いも236Bならだいたい届く。限界は2段目のみをガードする間合い。
その際できれば2366Bを当てたい。236Bは距離が離れた場合ヒットしても-6の不利を負うことになる。しかし2366Bなら離れた場合スタンになり追撃することも可能だ。

だが、ただ3AAを待っているわけにはいかない。ナイトメアには3AKという派生も用意されている。これは上段だがガードするとナイトメア側が有利なのである。

3AAにはディレイがかからず3AKのつなぎは遅い。なのでトレモで訓練すれば両方に対処できる。もちろんKに対してはしゃがみからの236Kだ。
1段止めと3AKに対応する技としては4ABがある。若干リーチがないのが弱点だが3分の2でヒットする。
一度3AAに確反を入れて相手の行動を制限してみよう

特訓メニュー(以下をランダム再生)

  1. 3AA(ガードして反撃、距離を見て3Bか236Bを選択できるといい)
  2. 3AK(しゃがんで236Kからのコンボ)
  3. 3A(4ABで反撃。上二つをケアしてると間に合わないので読みで打つ。3分の2で当たる
1+

対シャンファ:6BAと6BBの対策

6BAと6BBは二段目が下段横と中段縦の二択で、ガードしても-10なので確反がない(ソフィーは)
二段目は発生がほぼ同じ中下の二択なのでGIが有効だ。
相手は6B単発止めや6B構え派生でGIスカを狙えるのだが、6BA、6BBはディレイがきかないので頑張れば見分けることができる。(トレモならやりやすいが、実戦ではまず6Bを判断しないといけないのと焦りからたぶん難しい)
頑張って練習してGIできるように頑張ろう!
v.1.10で6BAが当て不利になったので6BAを無視して6B後に横移動することで確定ダメージを当てることもできる。

特訓メニュー(以下をランダム再生)

  1. 6BA(GIをする)
  2. 6B2K(2Aで構え移行をつぶす)
  3. 6B止め(2Aを打つ。確反)
0