対雪華:確定反撃

(ver.2.21)
12フレ

  • 6A =KK:派生があるので確反は入れづらい。派生にはエルフォーチュンで割り込める。
  • 1B =2A:ソフィー1Kと同じくらいのリーチ
  • 4BB =KK:瞬殺。
  • btB+KB =KK:8B+KAなどで背後を向いたときによく打ってくる。
  • 4B+K(2段階目)A =2A
  • 4B+K(1段階目)B =2A:いやらしいことにしゃがみ帰着。1段階目はリターンが少ないがガード待ちしてると読んだら溜めてくるだろう
  • 8B+KA =KK:射程が長く、中間距離のランカウンター狙いで出してくる。カウンターで食らうとbtB+Kが連続するのでとても痛い。
  • 8B+KB =?:立ち回りでガードすることができない。目の前でスカるがしゃがみ帰着なので中段をだすこと。
  • 11_77A =2A:しゃがみ帰着
  • 44K =KK:派生があるので確反は入れづらい。GIで割り込めるが44kb6にされると浮かされる。エルフォーチュンでは割り込めない。
  • 44Kb6 =KK:1段目と2段目の間に16フレの中段で割り込める。
  • 33_66_99A+B =KK:長めのしゃがステがついている
  • 33_66_99B+K =KK:派生があるので確反は入れづらい。派生はガードしても確反はなく間合いが離れる。雪華は背向けになるが、背後B+Kがしゃがステ付きなのでリーチの短い技や上段を振るのはよくない

14フレ

  • fc3BB=236B4:水月。長いしゃがステもついているので立ち回りでも振ってくる。派生にはエルフォーチュンで割り込める。
  • 4B =236B4:瞬殺1段目。派生があるので確反は入れづらい。派生にはエルフォーチュンで割り込める
  • 1K =236B4:構え派生はあるが問題はない。反応がむずかしければwsB+Kでもいい
  • 2K =236B4
  • bt2K =236B4
  • 1A+B =236B4:ガード削り15%ヒットしてダメージ40となかなかいい技
  • 3A+B =236B4
  • fc3A+BA =236B4:1段目と2段目の間に12フレでわりこめる。Bで割り込めば2段目を弾いて3Bが入り、単発の確反にも一応なっている
  • B+K =236B4:活殺。2択で使ってくる。BBだけでも返していこう
  • btB+K =236B4:派生があるので確反は入れづらい。背向け状態に上段で仕掛けるのはよくない。
  • bt2B+K =236B4
  • 44A =236B4:派生があるので確反は入れづらい。派生は連ガではないがしゃがむことはできず、確反はない。
  • 22_88B =236B4:REスカに撃ってくる。立ち回りで見ることはないかも。
  • 44B =236B4:派生があるので確反は入れづらい。派生にはエルフォーチュンで割り込める。
  • 11_77K =236B4:全回転下段。ヒット5分。2361Kで出せるので強そう

16フレ

  • 1B+KB =236B4:連ガではないがGIはできない。単発止めは確反はなく背向けに移行。
  • 4B+K(1段階目)2A =構えからの下段。1段階目中段がダメージが低いので下段読み多めでもいいかもしれないが、下段を待ってると溜めをすすめられてしまうので注意。2段階目は中段を意識したほうがいいかも
  • A+B+K =236B4
  • 22_88aB =236B4:散華。

18フレ

  • fc3B =4AB:水月1段目、派生があるので確反は入れづらい。くわしくはfc3BBの項目で

20フレ

  • fc3A+B =3B:派生があるので確反は入れづらい。くわしくはfc3A+BAの項目で
  • 1A =236B4:派生があるので確反は入れづらい。GIで割り込めるがエルフォーチュンはできない。2段目は中段なので立ち上がらなければならない。なぜ特中じゃないのか。
  • 1AA =3B
  • 22_88A+B =3B:百花繚乱1段目。派生があるので確反は入れづらい。派生に確反はないが、2段目をしゃがめて236Kや2366Bでリーサルを狙える。

22フレ

  • agB =3B:立ち回りではあまり出さないか。しゃがステがついてるので注意。
  • fc3aB =4AB:傘バズ
  • bA =3B:構え派生はあるが1段目をガードした場合にも確定で割り込める。ヒットした場合は何も割り込めない。
  • RUN K =236B4

24~

+2

アスタロス:キャラ対メモ

メモなのでまとまっていません。随時更新

  • REは釣っても体勢で22BAKはあたらない。22B+Kで。
  • ダウン中に22_88Kでスタンした後の44[B]のガー不は受け身ポイントがかなり後にあるため相手のガー不を見てからでも受け身が取れる。起き上がったら3Bが入る
  • 214投げ後も44[B]の狙いどころ。こちらは最速で受け身を取らないと回避できない。
0

対アスタロス:確定反撃

(ver.1.50)

12フレ

  • AB =なし:何も届かない。2段目を避けるかエルフォーチュン
  • 214AA~AAAヒット =なし:何も届かない
  • 3A =KK
  • 4A =KK:派生があるので確反は入れづらい。2段目をしゃがみたい。
  • wsB =なし:何も届かない。ホールドもある
  • bt2B =2A
  • 3B =KK
  • 7_8_9B =wsB+K:密着時のみ。7方向は密着でも返せない
  • fc3K =AA:KKは2段目がスカりやすい。離れると持続ガードで間に合わない
  • 4K、(SC)4K =K:密着時のみ。派生があるので確反は入れづらい。Aは届かずKKは2段目が届かない。ノンホールド版は2段目をガードしても相手側有利なのでしゃがみたい。
  • 6K =AA:KKは2段目が届かない。離れると持続ガードで間に合わない
  • 6[B+K] =KK
  • 22_88AA =AA
  • 11_44_77A =AA:ほぼ当たらない。ないと思っていい。
  • 22_88B =なし:何も届かない
  • B+G =なし:何も届かない

14フレ

  • 2A =236B4
  • 214A =236B4
  • 7_8_9A =236B:だいたい先端ヒット
  • wsK =236B:必ず先端ヒット。派生があるので確反は入れづらい。
  • 2K =236B4
  • bt2K =236B4
  • 6B+K =236B4
  • 33_66_99B =236B4

16フレ

  • 214AAAA~AAAAAA =236B4:どこで止まるかわからないので確反は入れづらい
  • 11_77B =236B4:派生があるので確反は入れづらい。打ってくる距離ではエンストは先端ヒットになりがち。派生は近距離は相手の背後がとれるので3Bなど。中遠距離はエルフォーチュン

18フレ

  • 1B =6B+K:66Aも可。エンストは必ず先端ヒットで不利になる。
  • 1K =236AA:派生を出された場合も勝てる
  • 4A+B =236B4:ホールド版のガー不の方をよく見る
  • 6A+B =6B+K:66Aも可。エンストは必ず先端ヒットで不利になる。
  • 33_66_99A =6B+K:66Aも可。エンストは必ず先端ヒットで不利になる。

20フレ

  • 2_8A+B =66A:近距離ガードなら3Bが入る。66Aの方が対応距離は長い

22フレ

  • 214AA~AAA =3B:どこで止まるかわからないので確反は入れづらい
  • RUN  K =236B4

24フレ~

  • 1[A]A ,(SC)1AA =66B:硬直が長いので注意
0

対ヴォルド:確定反撃

(ver.1.50)
ジラック =MC
頭ジラック =MCHT
足ジラック =MCFT
リグル =CR
背リグル =BS
フェイクデスロール =DR

12フレ

  • bt wsA =KK
  • bt wsB =KK
  • fc3B =なし:何も届かない。
  • 4B =KK:派生があるので確反は入れづらい。
  • 6B =K:派生があるので確反は入れづらい。A,2Aは届かず、KKは2段目が届かない。構えに移行された場合はしゃがステでKが当たらない。
  • 6BB =KK:構えに移行された場合上段はスカされる。2Aは対応の幅が広いがMC A+Bで回避されるので注意
  • 666B =AA:KKは2段目が届かない。
  • 22_88B =KK
  • MC B+K =2A:ホールド版も同じ
  • MCHT B =KK

14フレ

  • AB =236B4:派生があるので確反は入れづらい。
  • ABA =236B4:ホールド版は背向けになるので引き抜きはできない
  • wsA =236B4
  • 6AA =236B4:ホールド版はガードで±0
  • 1B~BBB =236B4:どこで止まるかわからないので確反は入れづらい。最速で出すと連続ガードなので入れ込みで行けるが相手はディレイをかけれるので注意
  • 2BB =236B:背後ヒット
  • 3B =236B4:派生があるので確反は入れづらい。
  • 3BB =236B:必ず先端ヒット。ホールド版は確反がなくなる
  • 4[B] =236B:背後ヒット
  • (SC)4BB =236B:背後ヒット。派生があるので確反は入れづらい。
  • (SC)bt6BBB =236B4:派生があるので確反は入れづらい。
  • bt 7_8_9B =wsB+K:派生はあるが両対応できる。派生に割り込んだ場合は22_88BAKで追撃できる
  • bt 7_8_9BK =wsB:2段目が強制しゃがみなのでそのままBボタン
  • 2K =236B4
  • bt2K =236B:背後ヒット
  • bt7_8_9K =236B:背後ヒット
  • 3A+B =3K
  • 1A+B =236B4
  • bt RUN B =236B:背後ヒット。派生があるので確反は入れづらい。
  • 11_44_77A+B =236B4
  • 33_66_99A+B =236B4
  • MCFT B =236B4
  • CR A =236B4:派生があるので確反は入れづらい。
  • CR B =236B4:派生があるので確反は入れづらい。

16フレ

  • bt6ABB =236B4
  • bt2B =236B4:派生があるので確反は入れづらい。
  • bt6[B] =236B4
  • 1K =236B4
  • 2A+B =236B4:ホールド版も同じ
  • MCHT 66 =66K
  • CR AA =236B4
  • BS K =なし:wsBも2Kも入らない。修正求

18フレ

  • 1A =236AA
  • 1aB =4AB
  • (SC)bt6BBBB =236B4
  • fc3A+B =66K:難しめなので4ABで妥協も
  • bt2A+B =6B+K:236AAが入らないのでこちらで。エンストは先端ヒット

20フレ

  • A+B+K =2BK:背向けのヴォルドに確定でリーサルできる。背後版も同じ。2段目のみヒットなど間合いが遠い場合は3Bや4ABで。

22フレ

  • RUN K =236B4

24フレ~

  • CR A+B =66B:硬直抜けは早め
+2

対カサンドラ:4K空中ヒット後の攻め

カサンドラの4Kをからめたコンボには強烈な択一攻撃がまっている。
4K空中ヒット後には66BBや6B+KAなどが入るが、確定を取らずにダブルアップを取ることができるのだ。
完全対応はないのだが間違いのない行動がどういうものか考えたい。

一番使われそうなのが1[B]下段投げだ。

  • 受け身を取らない場合は1[B]、とった場合は少し前ステしてからの下段投げがはいる。どちらともマウントに行けるのでカウント稼ぎたい場合は下段投げはノーマルの方が多いか。
  • 受け身を取る場合、下段投げは食らってしまうのだが1[B]は時計方向受け身でないとヒットしてしまう。反時計だとダメージのみだが前後受け身だと打撃投げまで行ってしまう。
  • どちらかを選んで相手の攻めを回避してもこちらの技は何も確定しない。相手側としてはローリスクハイリターンになる。

受け身に対するほかのダブルアップとして8[A+B]44A+Bという二つのガード不能がある。

  • 8[A+B]はソフィーティアにもある技だが同じように横に薄い。画面奥側へのステップしゃがみでは地震部分をガードできないが画面手前側へのステしゃガはできる。奥側でもいわゆる脱法ステしゃガ(横ステを前ステでキャンセルしてしゃがみガード)なら可能。横ステGIは可能でその場合飛び道具をGIした扱いになり16フレの技が確定する。ただ相手がホールドを途中で解除してしまうとステップが間に合わず当たってしまう。
    前受け身+前ステだと地震の射程外で相手の背後をとれるのでおいしい。
    寝っぱする場合は前転以外をしていると食らってしまう。早めの前転をした場合、地震の射程外で相手の背後をとれるのでおいしい。8A+Bだった場合前転してもヒットしてしまうが受け身をとると地震はガードできるのでwsB+Kなどの確反が入る
  • 44A+Bは下中の横切りだが発生が遅いのでジャンプが可能。時計受け身をしている場合は9入れジャンプをしてると2段目が当たらず背後をとれる。前受け身の場合は8入れジャンプでも可能。寝っぱにはあたらないが8[A+B]読みのレバー前入れっぱなしだと2段目に起きてしまうので注意。
下段投げ1[B]8[A+B] 8A+B44[A+B]
前受け身××
時計受け身×
寝っぱ××
まとめ
  • 受け身を取るなら時計受け身
  • 寝っぱを選択するならガー不見てから前転
+1