対シャンファ:3Aの対策

シャンファ3Aは発生22フレと速く、続く上段蹴り派生と構え(フウガショウ)派生がある
もちろん初弾をガードすれば反撃を与えられるが、ここではヒットした場合で考えてみる
3Aを当てた場合の選択肢

  1. 派生のKを出す
  2. 構え派生Kを出す
  3. 構え>構え(カイユウシツ)を出す
  4. 単発止めしゃがみガード

1はガードしてもほとんど不利はなく、しゃがむかGIぐらいしかできない。しゃがめると236Kでリーサルが取れる
2は発生12フレームの攻撃で止められるが、3の構えでAや2Aなどの横攻撃を取られてしまってダメージをくらう
4は割り込み上段をスカしたり様子見。3A単体は当て不利(-2)だが、派生があるため即反応はむずかしい

1に236Kを入れることをメインとするならば、下に入れっぱなして相手の構えをみてガードする。投げ派生はくらうので抜ける
それ以外に対応する場合は横ステしゃがみガードをすると派生すべてかわすことができる。3AKの出し切りはガードしづらい
打撃を入れたい場合は1はガードして相手の構え移行が見えた場合はにKを入力できればいいのだが難しいので、3Aをくらった瞬間にKを入力すれば1と4以外に対応できるだろう
どれを選択するかは読みになり、全対応は無理なのでこれにすると決めて入力しよう

特訓メニュー(以下をランダム再生)

  • 3AK
  • 3A2>K
  • 3A2>A+G

236K狙いかステしゃガ狙いか攻撃狙いかでとる行動を変えて練習したい

対シャンファ:BBBの対策

BBBは4段技であるが、4段目をホウゲショウの構えでキャンセルできる。
2段目と3段目にわずかな隙間があり、BB止めだと思って手を出すと攻撃をくらってしまうことがよくある
その隙間にGIやREで割り込むことはできるが、博打の域を出ない
ただ3段目と4段目は連続ガードになっていて3段目ガード後に攻撃を入れ込んでおけば出し切りはガード、構え移行した場合はヒットになる
入れ込む攻撃だが、横攻撃はホウゲショウ>カイユウシツでインパクトされ、縦攻撃はホウゲショウA+Bでかわされてしまい攻撃をくらう
ソフィーで全対応なら4A+Bだろう。ホウゲショウA+Bを出されても2段目が引っかかってくれる

しかし3段目を意識しすぎるとBB止めからさらに攻められてしまう。相手の行動を読んでいこう

対シャンファ:1Aの対策

シャンファ1AはGでキャンセルすることで背向けに移行できる。そこから出せるbtB+Kはヒットでコンボにつながり、bt2B+Kは下段ヒットで10フレ有利(Bがステップでかわせない)。なおかつ双方とも確反がないとなかなか強力だ
それほどメインで振ってくる技ではないがとっさにやられた場合に対処できるように練習しておこう。
これは単純で1Aはガードして反撃。btB+Kとbt2B+Kはステップでかわしてスカ確だ。発生のタイミングが違うのでかわしやすいはず。
シャンファ側は1Aキャンセル投げなどで対応可能だが、そこからは読み合いだろう。

特訓メニュー(以下をランダム再生)

  • 1A
  • 1aG>B+K
  • 1aG>2B+K

対アズウェル:6Bの対策

アズウェルの6Bは斧生成時に発生14フレと早く、ガードしても反撃(-6)はない。さらに連携技もあるというなかなかに強力な技である。
常に斧B+Kの下段技「大賢人バスター」(発生22F)を気にしながら戦うことになるので苦戦は必至だ。

6BからはAとBにつながり、Aは上段横(ガード:-4-8)Bは中段縦(ガード:+4±0)である。
つなぎ的にはおよそ10フレームの違いでAの方が早く。がんばればAはしゃがんで236K、Bはエルフォーチュン(6A+B)でとることができる。
だがメインの運用は6B単発止めと大賢人バスターであろうからそこまで集中することはできないのではないかと思う。

フレームを見てもわかるが6BBはガード不利でなおかつ斧モード継続である。
最悪Aはガードでしのぎ、Bをエルフォーチュンすることに集中してもいいのかもしれない。

巷には6Bを連発して気分で6BAや大賢人バスターを出し、ガードブレイクを狙うというプレイがあるようなので6Bガードしたら4A+Bなど18フレ以下の技をぶっ放すのも重要だと思われる

特訓メニュー(以下をランダム再生)

  1. 6BA(しゃがんで236K)
  2. 6BB(6A+BでGI)
  3. 6B>B+K(望むべくは大賢人バスターを発生前につぶす、無理ならガード後反撃)

対ナイトメア:3Aの対策

ナイトメアの3Aはリーチが長く、3AAはギリギリの間合いで出されると反撃が届きにくい。
そんな間合いも236Bならだいたい届く。限界は2段目のみをガードする間合い。
その際できれば2366Bを当てたい。236Bは距離が離れた場合ヒットしても-6の不利を負うことになる。しかし2366Bなら離れた場合スタンになり追撃することも可能だ。

だが、ただ3AAを待っているわけにはいかない。ナイトメアには3AKという派生も用意されている。これは上段だがガードするとナイトメア側が有利なのである。

3AAにはディレイがかからず3AKのつなぎは遅い。なのでトレモで訓練すれば両方に対処できる。もちろんKに対してはしゃがみからの236Kだ。
1段止めと3AKに対応する技としては4ABがある。若干リーチがないのが弱点だが3分の2でヒットする。
一度3AAに確反を入れて相手の行動を制限してみよう

特訓メニュー(以下をランダム再生)

  1. 3AA(ガードして反撃、距離を見て3Bか236Bを選択できるといい)
  2. 3AK(しゃがんで236Kからのコンボ)
  3. 3A(4ABで反撃。上二つをケアしてると間に合わないので読みで打つ。3分の2で当たる