対ソフィーティア:236Aの対策

最終更新日2019-02-27

ソフィーティアの236Aは発生18フレームの横中段で4フレからしゃがみステータスがあり、ヒットでダウンさせることができる優秀な技である。
そのしゃがみステータスの速さで様々な連携への割り込みなどに使われるのだが、1段目がガード-18、2段目は-16とそれなりにスキはある。
2段目があることで1段止めへの確反がしづらいんじゃないかと思うだろうが、よくよく見ると1段止めと出し切りにモーションの違いがある。


1段止めと出し切りの最高高度の違い

1段目の高さが明らかに違うのである。これで判断して確反を入れたい。

ソウルチャージ中は236AABで最後にBA付きの縦斬りがでるのだが、他のチャージ中の技と違い横移動で避けることができない。
ではどうするかと言ったら2段目をGIするかジャンプ攻撃の8Kでつぶすか、下段インパクト付きの技の6Aで攻撃するなどがある。
他には前ジャンプで2段目を飛ぶと3段目が当たらないので3Bなどの大技で返すこともできる(前ジャンプはちょっとむずかしい)
あと最後がBA技であるにもかかわらず、2段目に対してREを行うと3段目がすかってRE技がヒットするのも覚えておくといいだろう。

まとめ

  • 236Aをガードしたら高さを見て高かったら2段目が来る。
  • ソウルチャージ中は2段目に対してGIやジャンプ攻撃でつぶす
1+