対ソフィーティア:236Aの対策

ソフィーティアの236Aは発生18フレームの横中段で4フレからしゃがみステータスがあり、ヒットでダウンさせることができる優秀な技である。
そのしゃがみステータスの速さで様々な連携への割り込みなどに使われるのだが、1段目がガード-18、2段目は-16とそれなりにスキはある。
2段目があることで1段止めへの確反がしづらいんじゃないかと思うだろうが、よくよく見ると1段止めと出し切りにモーションの違いがある。


1段止めと出し切りの最高高度の違い

1段目の高さが明らかに違うのである。これで判断して確反を入れたい。

ソウルチャージ中は236AABで最後にBA付きの縦斬りがでるのだが、他のチャージ中の技と違い横移動で避けることができない。
ではどうするかと言ったら2段目をGIするかジャンプ攻撃の8Kでつぶすか、下段インパクト付きの技の6Aで攻撃するなどがある。
他には前ジャンプで2段目を飛ぶと3段目が当たらないので3Bなどの大技で返すこともできる(前ジャンプはちょっとむずかしい)
あと最後がBA技であるにもかかわらず、2段目に対してREを行うと3段目がすかってRE技がヒットするのも覚えておくといいだろう。

まとめ

  • 236Aをガードしたら高さを見て高かったら2段目が来る。
  • ソウルチャージ中は2段目に対してGIやジャンプ攻撃でつぶす
1+

対ソフィーティア:22BAKの対策

ソフィーの22BAKは逆択でよく使われる。ステップで縦を避けしゃがみステータスで相手の上段をかわしながらダウンを奪える強力な技だ。
ただその強力さゆえに硬直が長い(-26)のだが、2段目3段目を出すことで確反のタイミングずらされてしまう。
すべての派生(単発止めも)を確認して着地に3Bを入れることは可能だが、なかなか難しいので1段目ガード後に即出した場合のダメージで考えてみたい。

22B 22BA 22BAK
4B 20 22 27(>btB+K)
3B 59
(>2366B>44B)
23 有利
66B 73
(>wsB+K>2366B>44B)
27 有利
22_88BAK 49 50 反撃確定
44B+K 34 35 有利(+1?)
22_88A+B(時計方向) 反撃確定(-14) 79
(>G>2366B>44B)
87
(>wsB+K>2366B>44B+K)

4Bがいまのところ唯一全対応できる選択肢。出し切りに関しては相手をくぐってからのbtB+Kが確定で入る。リターンは少ないが少々遅れても間に合うので便利だ。
66Bは単発止めに一番リターンが得られる選択肢。ガード即出し切りする場合はこれが一番いい。確認する場合は3Bでやることになる。
22_88BAKは1段目と2段目止めに安定して入る選択肢。出し切りは反撃確定と書いてあるがこれは1段目ガード後即出した場合で、実際は相手の周りを回りながら落ちてくるのを待ってればいいので一番やりやすい。
44B+Kはある程度ダメージが取れてリスクがない選択肢。
22_88A+Bは2段止めと出し切りに最もダメージが取れる選択肢。ただ1段止めには確定反撃を受ける。あとコンボがむずい。時計方向に少し歩いた後出すと安定する。1段止めは捨てる。

まとめ

  • 理想は確認して3B。22_88BAKのほうが若干やりやすい
  • 何も考えない場合は1段目ガードして4B。出し切りの場合は相手をくぐるのでbtB+K
  • 読みで大ダメージ与える場合は66B(1段止め)か時計側22_88A+B(2段、3段止め)。22_88A+Bは最速だとだめ
1+