対アズウェル:確定反撃

(ver1.40)
BoB =正邪のロマンス
ToW =争乱のトラジディ
CoE =調停のコメディ

12フレ

  • 1A =wsB+K
  • fc1A =2A
  • wsBB =KK
  • 2A+B =wsB+K:密着時のみ。最初から下段ガードだと間合いが離れて届かない。
  • 22_88A =2A:構え派生あり。KKはしゃがステ技に潜られてしまう。2Aも22_88A4Kされると届かない。確反にはならないが3Aなどで派生には対応できる
  • RUN A+B =KK
  • CoE BB =なし:何も届かない。2段目をGIするとKKを入れることができる。
  • CoE 6B =なし:何も届かない。GIするとKKを確定で入れられる
  • CoE 4K =wsB+K:間合いが遠いと届かない。

14フレ

  • 2B =236B4:派生があるので確反はいれづらい
  • 2BB =236B4:構え派生あり。CoEに行かれた場合は先端ヒットになり、間合いが遠いと届かなくなる。CoE Aには避けられてしまう。確反にはならないが3Aが有効
  • fc1B =236B4
  • 11_44_77B =236B:軸ずれで引き抜けない。
  • BoB AAB =なし:何も届かない
  • ToW 6K =236B4

16フレ

  • 9A =236B4
  • 1B =236B4
  • 3B =236B4:派生があるので確反は入れづらい。単発止め時は斧を放り投げる。
  • 7B =236B:普通は届かない。7Aと区別がつきづらい。

18フレ

  • 7A =4AB:236Bは先端になる。間合いをみて選択しよう
  • BoB AB =236B4

20フレ

  • AB =3B
  • 双剣B+K =3B
  • A+B+K =3B

22フレ

  • 8A+B =4AB:強制しゃがみ。こちらを飛び越した場合エンストは引き抜けない
  • RUN K =4AB:最速エンストは引き抜けない。遅らせエンストもしくはセラストなら引き抜ける。

24~

  • 大斧B+K =66B:安定なら236B4
  • 槍盾B+K =66B:2段ガードしたら反撃
  • (SC)6A+B+K =66B:3段ガードしたら反撃
4+

対アズウェル:6Bの対策

アズウェルの6Bは斧生成時に発生14フレと早く、ガードしても反撃(-6)はない。さらに連携技もあるというなかなかに強力な技である。
常に斧B+Kの下段技「大賢人バスター」(発生22F)を気にしながら戦うことになるので苦戦は必至だ。

6BからはAとBにつながり、Aは上段横(ガード:-4-8)Bは中段縦(ガード:+4±0)である。
つなぎ的にはおよそ10フレームの違いでAの方が早く。がんばればAはしゃがんで236K、Bはエルフォーチュン(6A+B)でとることができる。
だがメインの運用は6B単発止めと大賢人バスターであろうからそこまで集中することはできないのではないかと思う。

フレームを見てもわかるが6BBはガード不利でなおかつ斧モード継続である。
最悪Aはガードでしのぎ、Bをエルフォーチュンすることに集中してもいいのかもしれない。

巷には6Bを連発して気分で6BAや大賢人バスターを出し、ガードブレイクを狙うというプレイがあるようなので6Bガードしたら4A+Bなど18フレ以下の技をぶっ放すのも重要だと思われる

特訓メニュー(以下をランダム再生)

  1. 6BA(しゃがんで236K)
  2. 6BB(6A+BでGI)
  3. 6B>B+K(望むべくは大賢人バスターを発生前につぶす、無理ならガード後反撃)
2+